« なぜイエス・キリストなのか? Part3 | トップページ | 持っている人と持っていない人 »

2013年6月16日 (日)

OO+ Church (Double O Cross Church)

皆さん。超エキサイティングなお知らせです。
私たちの教会が新しくスタートします。
名前はOO+ Church ダブルオークロスチャーチ

名前の意味は色々ありますが、基本的には三つ。

-無限大(∞)の可能性(+=十字架、またはプラス)
-イエス・キリスト(+)にあるコミュニティー(O輪)
-神が闇から世界を作り始めたように、何もないところ(O)から何かを造り出す(+)

これら以外にも色々思いが込められていますが、簡単に説明するとこんな感じです。
名前的にも、「言葉」を使ってでの名前ではないので、今までになかった斬新な日本人的な要素を取り入れたく、会えてOO+を選びました。

まだまだ小さい教会ですが、これから吉祥寺の町を始めドンドンコミュニティーを広げていきたいと思います。

一応私たちの教会は、スイスペンテコステ団体の支援とバックアップを受けていますが、友人にも沢山の日本や外国の牧師がいるので、多くのネットワークを用いて日本の為に奉仕していきたいと思います。

教会のビジョンと思いは三つの事を中心としています。

まず、「コミュニティー」。
もちろん教会をサイズ的に大きくしていきたいですが、それ以上に人間との輪と和のコミュニティーを重視しています。ただ人々を集め、訪問者を多く「群衆」を集めるのでは、コミュニティーを築くことに価値を見ています。なので、吉祥寺といった、ローカルな町かつクールでおしゃれな町からスタートしたいと思いました。

次に「使命」。
教会にはやり遂げるべき使命、ミッションがあります。マタイの28:18~でイエスはハッキリこの地上でするべきことをリーダーたちに伝えました。人々を救い、洗礼を授け、弟子訓練すること。ただの仲良しクラブを作るために、イエスは弟子たちを地球に残したわけではありません。なので、教会とし使命を果たすことはかなり重要な要素です。
でもこの使命を教会として全うするには、教会の一人ひとりが自分の「使命」を教会と社会を通して生きなければ絶対できません。だからメンバー全員一緒に成し遂げることを大切にします。

そして、サムライ魂。
「侍」という言葉は本来、「主君や王に仕える者」という意味でした。単なるチャンバラ的なイメージじゃないです。だから「仕える」を日本人の心に呼び起こしたいと思います。でもただヘラヘラして上司に仕えることじゃないです。逆に自信と尊厳を持って、トコトン神(王であり、主君)に仕える態度です。そして、人々と社会の需要に仕えること。それを通して社会、そして国、世界を変えていけると信じています。
だって、イエスは「仕える」=リーダーシップと断言したからね。

このことを中心に、色々価値観がありますが、教会のサイトに載っているので見てみてください。

これから教会として行動していきます。
またこれから多くの新しい仲間や友、そして色々な人々に出会えることが楽しみです。
今の世代の牧師として、日本人を中心としたインターナショナルな教会を築いていきたいと思います。そして日本人の心と文化にイエスの愛と生き方を浸透させていきたいと思います。
特に日本人男性が「男気」をもっと取り戻せるように!

そしてもし、ある理由で教会に行っていないクリスチャンの人々がこのブログを読んでいて、このようなビジョンや価値がある教会に来てみたい、仕えてみたい言う方がいたらメッセージください。クリスチャンとして教会に根付くことは大切です、クリスチャンとして地域教会なしで生きるということは、木や植物が土に根を下ろせないことと同じです。
(詩編92:13)

教会教会開拓は初めが一番大切です。そしてここから正しい文化を作り上げていくからです。なのである意味、再スタートができる場所でもあります。俺が正直思うのは、多くの日本人のクリスチャンで、昔教会で傷つき、または幻滅し、ただどうして良いか分からない人々が沢山いると考えています。何か成し遂げたい。でも自分の居場所を失っている状態。周りに批判されたて、ただ非難されて悔しいと思ってきた人々。そういう人々にまた再スタートしてほしいと思う。このブログのコメント設定は管理人が承認しなければ公開されないので、気楽に疑問・質問投げかけてください。文句や批判は速攻消去しますが(笑)。

では、祈っていて頂ければ嬉しいです。

また教会の情報を載せていきます。

www.oocross.com




クリックおねがいね。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

|

« なぜイエス・キリストなのか? Part3 | トップページ | 持っている人と持っていない人 »

コメント

久しぶりにJLHのHPをのぞいたら、姿が見えなくなっていて、かなり驚きました。どこに行っちゃったんだろ〜と思って探したら、最近のネットはすごいですね。見つけました! なんだか嬉しくなりましたので、一言、残しました。残暑厳しい折りですので、体調にお気をつけくださいね。

投稿: Yura | 2013年8月20日 (火) 00時01分

Yuraさん。コメントありがとうございます。元気にやってます!神様に仕えることは決してやめないので安心してください!これからもよろしくお願いします。

投稿: Ryuta | 2013年8月20日 (火) 10時57分

(=^▽^=)♪はじめまして、竜太先生。千葉県の伝統的プロテスタント教会に長く通っている者です。ずっとダブルオークロスチャーチのHPを拝見しながら、応援しておりました。

( -ωー)某チャーチの活動が継続するほど、生み出される影とそこからこぼれ落ちてしまう日本人クリスチャンもまた年間数百人単位で生み出され続けてしまうと予想しています。そんな東京だからこそ、こちらのチャーチの働きを必要とする方たちもまた、年間数百人単位で絶えることなく生み出され続けることでしょう。

( ・ω・)!一からミニストリーを立ち上げる上では多くの困難があったことだと思いますが、奥様や竜太先生の母体となったスイスの教会群が、今もこれからもずっと、お二人とこの教会を人的に力強くバックアップし続けてくださってもいることを知り、長くこの地に根付いて成長し続けることも確信できます。本当に勇気と信仰、神様からの導きに満ちた、素晴らしい決断だったと敬服いたします。

( ・∀・)表面的な華やかさ・革新性だけでもなく、伝統的な教会の教義・宗教性だけでもなく、竜太先生のような、きちんと中身の伴った魂の燃え立つようなクリスチャンを、主のみ助けを得て、この教会から生み出されていくだろうことを確信しています。

( -ωー)傷ついた、そしてこれから傷ついていくだろう無数の若いクリスチャンたちに、暖かく助けの手を差し伸べ、もう一度聖書の愛と真理を信ずることができるような教会でいてあげてください。

投稿: ( ・ω・)♪ふなっしー最愛の婚約者ひこにゃん | 2016年4月 1日 (金) 04時00分

ひこにゃんさん。
素晴らしい励ましの言葉ありがとうございます。
私自身、教会を開拓し今まさに三年目に入ろうとしています。そしてこの記事を再度読んでみたところ、まさしくその当時思っていたことや描いていたビジョンが徐々に神様の導きによって現実のものになっていることが見えます。

某教会のようなカリスマ的な教会だけではなく、様々な極端に神学的バランスが崩れた教会によって傷つけられた若者や人々と3年間沢山出会ってきました。その上で、どうやって神学的にもスタイルなどのアプローチ的にも聖書的で健康的であり、同時に現代の人々に伝わるような福音の伝え方と教会の存在を築いていけるかを模索してきました。
その中で出会った、ネットワークや人間関係を通して神様は本当に教えてくださっています。引き続き、福音に真実と恵みに沿った、バランスの取れた教会を築いていくために、お祈りしてくだされば幸いです。これからも何卒よろしくお願い致します。
ブログは新しいサービスを使っていますので、こちらからもご覧ください。
ご支援感謝いたします!
http://gospeljpngen.tumblr.com/

投稿: Ryuta | 2016年4月 2日 (土) 10時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なぜイエス・キリストなのか? Part3 | トップページ | 持っている人と持っていない人 »